トヨタシエンタ(ハイブリッド)の値引き

シエンタの値引き

トヨタシエンタの値引き額詳細

シエンタ車体価格値引き限界額 シエンタオプション値引き限界額
8~13万円 2~3万円

シエンタ合計限界値引き額:15万円

 

シエンタ値引きの準備をしよう

 

シエンタを新車購入するなら、それまで利用していた愛車は下取りに出すつもりの人が多いはずです。

 

そういうドライバーは、無意識のうちに「ディーラー側が愛車を相場価格で買い取ってくれる」と考えていて、愛車のちゃんとした相場価格をしっかり調べていないはずです。

 

でも、ディーラー下取りには多くの問題があります。

 

下取り価格は相場よりもずっと安い


「きっとディーラーが買取相場価格通り買い取ってくれるだろう」

 

そんな印象を持っている人が多いようです。でも、実際は全く違います。下取り価格は買取相場よりも平均30万円安いと言われています。

 

ディーラーは車を買い取るのがメイン業務ではないので、販売ルートをほとんどもっていません。せいぜい自社のネットワークに流す程度です。

 

一方、中古車買取店の場合、全国の強固なネットワークや海外ルートを所有しています。特に海外では日本車は大人気なので、海外ルートを活用した高額買取がトレンドになっています。

 

もしシエンタの値引きがうまくいっても、下取りに出して30万円も安く愛車を売ってしまったら、あっさりとマイナスに転じてしまいます。

 

交渉で不利になる

 

シエンタの値引き交渉をしているときに、営業マンがこんなことを言うことがあります。

 

 

シエンタの値引きはこれ以上は無理です…。でも、下取り価格の増額は可能です。普段なら10万円ですが、特別に15万円にしますよ。


 

いかがでしょう? なんだか得したように見えますね。しかし、愛車の買取相場が50万円だったとしたらどうでしょう?実際には35万円も損しています。

 

本当は愛車に50万円の価値があったのに、ディーラーに15万円で買いたたかれることになってしまいます。しかも、契約を急いでしまったためシエンタの値引きを広げるチャンスも失っています。

 

もし買取相場を知っていれば、

 

「下取り価格アップしても、まだまだ相場よりずっと安いよね。それなら、オプションを値引きしてよ」

 

のような切りかえしができるのに、そのチャンスがなくなってしまうということなのです。

 

つまり、愛車の相場価格を把握しないでシエンタ値引きの商談をしても、交渉が非常に不利になってしまうのです。

 

買取相場の調べ方は?

ディーラー下取りを利用する限り、シエンタをどれだけ値引きしても合計でマイナスになってしまうでしょう。しかも交渉も不利になるので、実際にはシエンタの値引きもほとんど引き出せません。

 

なので、シエンタ値引き交渉の前に、今の愛車の買取相場を知ることがとても大切なのです。

 

愛車の買取最高額を調査する方法はたった1つです。それは、多くの買取店が参加する「一括査定」方式です。

 

 

買取業者は中古車を買い取るのが仕事。競合他社が多く、車を仕入れるために毎日買取戦争をしています。そのため、あなたの愛車を買い取ろうとして競争し、その結果買取価格がアップするというわけです。

 

ディーラーにそのまま下取りに出すよりも、数十万円高く売れたなんてこともザラにあります。なので、シエンタ交渉をする前に一括査定をしておくのが常識なのです。

 

車査定サイトの使い方はかんたんで、愛車のメーカー名や車種名、走行距離などを記入して査定ボタンをポチッとするだけです。

おすすめの車一括査定サイトはコレ!

自動車一括査定はいろいろあるのですが、その中でも推奨したいのが「かんたん車査定ガイド」となります。

 

入力項目が少なく、30秒程度で作業が完了する手軽さは車査定サイトのなかでも随一です。

 

また、なんといっても便利なのが「概算価格表示機能」となります。車査定サービスの中で唯一、その場ですぐに買取相場が表示できます。

 

↑の画像のように、愛車の概算価格がすぐに表示されます。概算価格表示機能があるのは「かんたん車査定ガイド」だけです。この情報はシエンタ値引き情報に必須なのでメモしておきましょう。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちらです。

 

http://a-satei.com/

愛車の買取価格は、査定を受ける業者数を増やせば増やすほど最大化できます。なので、もっと買取価格を上げたいときはその他の車査定サイトもあわせて利用するといいでしょう。買取金額の上がりやすい一括査定サイトを紹介します。

 

 

カーセンサー

 

雑誌でも有名なカーセンサーの一括査定サービスです。なんといっても最大30社もの大量の一括査定に対応している点が魅力。また、運営しているのはリクルートなので信頼感もあります。入力項目は若干多いのですが、それでも数分で作業は完了できます。

 

公式サイト
http://www.carsensor.net/

 

ズバット車買取比較

 

最近急成長している自動車一括査定サイトです。全国150社以上の中古車買取業者が参加しており、最適な最大10社を自動選別するため、買取金額が高騰しやすいです。業者によって得意な車種や地域は違ってくるので、参加業者数が多いズバットはおすすめです。

 

公式サイト
http://www.zba.jp/

 

シエンタ値引き交渉のポイントは?

 

トヨタ車はトヨタディーラー同士の競合が可能

 

トヨタは資本の異なるディーラーが点在していることで有名です。資本が違うので、ノルマも違うということになり、同じトヨタディーラー同士でお客さんを奪い合おうとします。シエンタはトヨタの車種なので、この「異資本ディーラー同士の競合」による相見積もりが可能となります。

 

しかし、資本情報についてはディーラー側は積極的には教えてくれないので、自分で調べる必要があります。会社概要などを調べてもいいのですが、それだと手間がかかるので、「あそこのディーラーでもシエンタが値引きできそうなんだけど」と少し遠まわしに聞いてみましょう。すると、資本が同じなら「そっちで購入されても構いませんよ」と返されますが、異資本なら「内の方が近いですし、納車のとき楽ですよ」などと言ってつなぎとめようとしてきます。

 

あとは通常のシエンタ交渉と同じです。異資本ディーラーを何度か行ったり来たりして、相見積もりのシエンタ値引き合戦に持ち込めばいいのです。

 

ライバルの選定が重要

 

シエンタにはハイブリッドとガソリン車の設定があります。それぞれでライバル車が全く異なってくるのでライバル競合をする際には注意が必要です。

 

まずハイブリッドのシエンタですが、ライバルとして適切なのはホンダのシャトルでしょう。6人乗りのコンパクトミニバンとして新しく登場した車種となり、ホンダ側はシエンタの登場に慌てているはずです。

 

あとはホンダのフリードも相手としては申し分ないでしょう。フリードにはハイブリッドのグレードもあるので、そちらとの競合は効果があります。

 

次にガソリンタイプのシエンタですが、こちらはあまりライバルがいません。しいて言えばジェイドのガソリン仕様車は相手になるでしょう。もしくはフリードガソリン車との競合も可能性はあります。ただ、やはりシエンタ値引き交渉の基本線は「異資本トヨタディーラー同士の競合」と考えていたほうがいいです。

 

シエンタのオプション値引きを獲得していこう

 

シエンタは12年ぶりのフルモデルチェンジとなり、トヨタディーラーも「間違いなく売れる」と意気込んでいる車種となります。そのため車体価格の値引きはかなり渋くなるでしょう。シエンタは値引きなんてしなくても売れる、と踏んでいるのです。

 

なので、シエンタの車体値引きにこだわりすぎると時間を浪費することになるかもしれません。なので、車体値引きは5~7万円取れたらOKとし、オプション値引きに切り替えたほうがいいでしょう。

 

ただし、シエンタのオプションの値引きは相見積もりなどが利用できず、ディーラーとの1対1の勝負となる分野です。交渉能力が求められるので、初心者だとなかなかうまくいかないこともあります。

 

そこで有効なのが「シエンタ契約寸前オプション値引き」作戦です。注文書にハンコを押す直前に、「やっぱりこのオプションも欲しい」といって困ってみせましょう。すると、ディーラーとしては契約寸前でオジャンにしたくない、という心理になるので、オプション値引きしやすくなるのです。

 

他にも、ガソリン満タン納車が断られたり、シエンタ車体値引き交渉が進まなくなったりした時など、オプション値引きを切り出すタイミングは商談中に何回もあるはずです。いけそうだな、と思ったら積極的にチャンスを狙っていきましょう。

 

シエンタ値引きのまとめ

 

 

シエンタをできるだけ格安購入したいなら、シエンタの値引きだけでなく愛車の売却価格もアップさせなければいけません。そうすることで、はじめてトータルコストを下げることができるのです。「シエンタ値引き」「愛車買取」の両方を最大限高めることをしっかりと意識しましょう。
最低限、シエンタの商談をする前に、愛車の一括査定は済ませておきましょう。

 

 

愛車の査定はいつ行えばいい?

査定はなるべく早く行いましょう。

 

とりあえず後でもいいや、と考えてしまいがちですが、後回しにするのは大きなリスクがあります。

 

シエンタ値引きの交渉カードがない

愛車の買取相場はシエンタ値引き交渉の重要な交渉材料です。しかし、愛車の買取相場を把握しないままでいると、セールスマンの話術にのせられやすくなります。

 

シエンタ情報をいろいろ調査していると、「セールスマンはたいしたことない」という思考になりがちですが、相手は営業のプロです。毎日毎日何千人というお客さんを相手にしており、中にはすご腕のセールスマンもいて、うっかりカタにはめられて契約してしまうお客さんもたくさんいます。

 

しかもこちらは今すぐ新車のシエンタに乗りたい心理になっていますから、「少しくらい損してもいいからもう買っちゃってもいいか」という状態になりやすいのです。

 

しかし、契約してから家に帰って相場を調べてみたら、何十万円も買取価格が違った…なんてことはザラにあります。これでは、「少しくらいの損」とはさすがに言えません。

 

あらかじめ買取相場を調べておけば、安い下取りにすぐに気付きますし、買取業者に高く売ってコストを下げることができます。

 

後から下取りナシにはできない

もし下取りアリの状態で契約するとどうなるか知っていますか?

 

実のところ、愛車の所有権は半分ディーラーのものになります。

 

そうなってしまうと、後から下取りをナシに変更したくなったとしても、ディーラーの同意が必要となります。

 

原則、下取りナシには変更できません。万が一できたとしても、複雑な手続きが必要になりますし、ディーラーとの関係が悪化します。最悪、賠償請求なんてこともありえます。それもそのはず、下取りナシへの変更は契約破棄と同じなのです。

なので、後からがっかりしないためにも、一括査定はできるだけ早くやっておいた方がいいのです。

 

自動車一括査定サイトのQ&A

 

シエンタ値引きのためには愛車の一括査定をするのが鉄則。ここでは、自動車一括査定のよくある質問と答えを掲載します。

 

査定後の流れはどうなる?

一括査定を実行すると、最短で即日、遅くても2~3日で買取業者から買取価格などの連絡が届きます。後は、一番高い価格を提示した業者に対して無料出張査定を頼みます。すると専門の査定士が自宅まで来てくれますので、愛車を査定してもらって買取金額を決定させます。

無料出張査定後の買取金額はどうなる?

出張査定で、査定士に難癖をつけられないか心配な人もいるでしょう。

 

ですが、実際には出張査定で買取金額がアップすることが多いです。というのも、ネット査定の段階では走行距離などの基本データしかわからないので、低めの査定額を連絡することが多いからです。

 

もちろん派手に傷がついていたりすると買取額が落ちることがありますが、たいていの場合はそこまで大きく下がることはありません。

基本データがわからない…

自動車一括査定では、査定に必要な基本データを入力します。ただし、きっちり完璧なデータを付ける必要は必ずしもありません。もちろん正確なデータを入力したほうがいいですが、正式な買取金額は無料出張査定後に決定されるので、ネット査定の段階では最低限車種名があっていれば大丈夫です。

下取りナシでシエンタを値引きするのは無理では?

シエンタ値引きだけでなく、たいていの新車値引き交渉は「下取りアリ」を前提に進んでいる一面はあります。なので、初めから「絶対に下取りはしない!」と宣言してしまうと値引きは引き出しにくくなるかもしれません。

 

そこで、シエンタ値引き交渉の初期段階では「下取りを考えている」と言っておいて交渉を進めてください。そして、シエンタ商談が煮詰まったところで

 

「シエンタ値引きを頑張ってもらったので、愛車は友だちに譲ろうかな」

 

などと言って下取りをとりやめれば問題ありません。

 

正直に「買取業者の方が高く買い取ってくれるから、やっぱりそっちにする」などといってもいいです。結局のところ、注文書にサインをしていないなら下取りのあり・なしは自由に変更していいのです。そのせいでセールスマンが気分を害するなんてこともありません。

 

シエンタについて

トヨタシエンタは6~7人乗りが可能なコンパクトミニバンです。かわいらしいデザインが魅力で、主に家族向けに高い人気を誇っています。ただ、12年以上モデルチェンジがなく、低燃費がトレンドとなっている昨今の車市場ではやや古臭い印象のある車種となっていました。

 

しかし、2015年、12年ぶりについにシエンタがフルモデルチェンジを行います。デザインもシャープなイメージに刷新されましたが、なんといっても注目なのが低燃費性能です。ハイブリッドが設定されているため30km/リットル弱の燃費性能が期待できるほか、ガソリンエンジンモデルでも20km/リットル程度となり、ミニバンとしてはかなりの数字をたたき出しています。

 

気になるのが値引き状況ですが、期待のフルモデルチェンジ車種ということでシエンタ値引きは当初は相当渋くなっていました。ただし、現在は多少緩んできており、きちんと準備をすれば10万円程度のシエンタの値引きは見込めるので、あらかじめしっかりと情報を集めておきましょう。

 

シエンタ値引きの口コミ体験談投稿フォーム

 

当サイトはシエンタ値引きの口コミ情報を募集しています。下記フォームから投稿できます。いただいた投稿は下記のボックス、残りはこちらに掲載いたしますので参考にしていただければ幸いです。

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。

 

投稿者 マンズ様
契約日/納車日 2015年7月/2015年9月
車体値引き額 5万円
オプション値引き額 22万円
その他値引き -
値引き総額 27万円
下取り ナシ
愛車の売却額 15万円

旧型シエンタに乗っていましたが、10年経過しており、走行距離も10万キロオーバーでそろそろガタがきていました。それでもあと1回は車検を通して、2年くらいは乗ろうかな、と思っていたのですが、仲の良いカローラ店の担当が新型シエンタが出るので、買い換えませんかと。

 

仲が良かったからかもしれませんが、いきなりシエンタのオプション値引き込で15万円値引きを獲得しました。下取りもほぼ価格が付かないだろうと思っていましたが、8万円の価格が付いたのでなかなかでした。でも支払総額が240万オーバーだったので、またちょっと高いなと。これならヴォクシーが買えるな、と思い、トヨタのネッツをいくつか回ってみたところ、シエンタ値引きと下取り込みで265万円という条件を提示されました。この時点で私の気持ちはヴォクシーに動いたのですが、家族会議でヴォクシーだと大きすぎということで却下となりました。

 

またシエンタを交渉していったのですが、トヨタ店やトヨペット店、ネッツ店など手当たり次第に回って見たところ、トヨタ店が総額240万円を提示してきました。この結果を付き合いのあるカローラ店に持っていくと、車両本体から5万円値引き、付属品から22万円引きとなりました。下取りに関してはネット査定に回してみたところ15万円という結果を得たので、240万円オーバーは変わらないが、付属品がそれなりについたし、ここらでいいかと思い決定しました。

投稿者 ファーザー様
契約日/納車日 2015年7月/2015年10月
車体値引き額 8万円
オプション値引き額 2万円
その他値引き -
値引き総額 10万円
下取り ナシ
愛車の売却額 80万円

トヨタのディーラーをいろいろ回って見積書を何枚も取り、反応のいいディーラーで粘り強く交渉したところ、10万円値引きをとれました。

 

新型発売直後と言うことを考えると、なかなかの結果になったと思います。

投稿者 特使様
契約日/納車日 2015年8月/2015年10月
車体値引き額 14万円
オプション値引き額 -
その他値引き -
値引き総額 14万円
下取り アリ
愛車の売却額 20万円

昔から付き合いのあるディーラーで新型シエンタを勧められ、いきなり13万円引きとなりました。付属品は3万円分しかつけていないので、かなり安上がりになりました。

 

ちょっと失敗したなと思うのは、下取りはインターネットの査定の方が高かったのですが、担当の営業さんの顔を立ててディーラーで下取りに出してしまったことです。その分を考えるとシエンタ値引きも大したことないかもしれません。次回からはもっとコストダウンを追求したいと思います。

 



 

シエンタ徹底解剖

 

自動車には「走りを追求する」スポーツカータイプのクルマ、そして「生活を便利にする」タウンユースタイプのクルマに二分されます。もちろん、シエンタは後者のタウンユースタイプと言うことができるでしょう。走るのが好きなスポーツカーファンを満足させる性能はありませんが、日々の暮らしを支えるパートナーとしての役割は十二分に果たすことができるはずです。

 

先代シエンタは分類としてはミニバンでしたが、全長を伸ばして2席を増やしたコンパクトカーと言った方がむしろ近く、レジャーやアウトドアなどの長距離走行に適した走りはできませんでした。しかし、新型シエンタになってからは、サードシートの居住性アップやキャビンユーティリティの向上などもあり、ミニバン的な使い勝手が高まっているといえます。その分、レジャー適性もアップしていると言っていいでしょう。

 

先代シエンタの場合は荷物を積んでいなければまだよいのですが、アウトドア目的などで荷物を満載していると高速走行は若干厳しいところがありました。しかし新型の場合はフットワークや高速安定性も向上されており、ロールも大きめで高速コーナリングの方向安定性がよく、ドライバーに安心感を与えることに成功しています。

 

フリードとの違い

 

シエンタのサードシートは先代同様どうしても「プラス2席」の域を出ませんが、フリードの場合はセカンドシートのスペースを狭くすればなんとか成人6人の乗車にも耐えうる構造となっています。なのでどちらかというとシエンタよりも「ミニバン」というのにふさわしいと言えるでしょう。

 

しかしその分フリードの走りはタウンカーの領域をで取らず、サスチューンも柔らかでコーナリング性能もおとります。乗車人数が少なかったとしても、山岳部の道路ではどうしても不安感を感じることがあります。新型シエンタの安定したフットワークに比べると、レジャー用途などに使うには気になってしまうでしょう。

 

値引き交渉などでフリードの見積もりを取っているうちに、フリードの方が気になってしまうこともあるかもしれませんが、多人数乗車ならフリード、走りも重視するならシエンタという形で選ぶとよいと思います。もちろんフリードの方が値引き幅は大きくなりますが、最近は新型シエンタの値引きも緩んできていますし、燃費性能がシエンタの方が高いので、トータルコストで考えるとシエンタの値引きに注力したほうが効率はよいかもしれません。

 

シエンタハイブリッド&ガソリンのパワートレーン

 

シエンタのハイブリッドには、アクアから継承された1.5リットルのTHSⅡを搭載しています。車体の大きさから言えばプリウスなどの1.8リットル型が搭載されてもよいところなのですが、走行用バッテリーの容量を減らすなどのコストダウン・軽量化が行なわれているため、コンパクトカーのパワートレーンが組み込まれることになりました。一方で、ハイブリッドの制御システム、油圧回生協調ブレーキやエアコンなどの構成はプリウスと共通となっています。

 

ガソリン車に関しても燃費向上が図られており、アトキンソンサイクルを利用して燃費性能がアップされています。また、カローラ系の蓄冷型エアコンも採用されており、小排気量ガソリン車の中ではかなりの省燃費となっています。

 

ちなみに、シエンタハイブリッド・ガソリン双方に値引き限度額や値引き交渉術の差はほとんどありません。なので、欲しい方のパワートレーンにピントを絞って、通常通りトヨタディーラー同士の競合などをあおることで値引き交渉をしていけば問題ありません。

 
http://www.makasin.net/ http://www.legadirect-blog.com/ http://www.bobspaintball.biz/ http://www.pierrotworld.com/ http://www.ufamorg.com/ http://www.medtekdiag.com/ http://www.lorenzoantognetti.com/ http://www.cosmomatrix.com/ http://www.mentalbeautysalon.com/